読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいよ?好きなんだし

末澤くん、Funky8、妄想

大阪浪漫飛行物語 #1

seiya.s

 

 

「今からめちゃくちゃ重い話をします」

 

 

 

と、2ヶ月ぶりに会った彼女は、俺と向かい合って座り出した。

 

『ん?』

「誠也はなんにも悪くないからね」

「わたしが勝手に思っちゃってるだけだから」

 

うつむきながら話す彼女の言ってることはいまいち理解できない。

 

『ごめん全然なんの話か分からへんねんけど』

「うん、分からへんに決まってる」

 

普段標準語で話す彼女は、たまに俺の話す関西弁につられることがある。それが好きだったりする。本人には言ったことないけど。

 

俺は関西、彼女は関東。世間ではこれを遠距離恋愛と言うのだろう。連絡はほぼ毎日取りあってる。電話もたまにする。もっとたまに、会う。その“たまに”会うのが今日で、いつもうるさいくらい元気な彼女の、こんなにもトーンの低い声を聞くのはもっともっと“たまに”、いや、初めてかもしれない。

 

『関西弁つられてんで』

「……」

『え、おーい、聞いとる?』

「嫌いになりたい」

『え?』

「誠也のこと嫌いになりたい」

 

本当に理解ができなかった。一体彼女は何を言っているのか。

 

「全然会えないのに、誰かと話してたら関西弁まざってるし、やたらいちごに目がいくし、誠也の好きなブランドの服着てる人がいたら見ちゃうし」

「もう誠也のことなんか嫌いになりたいよ」

 

 

大好きな人から、“嫌い”という単語を何回も何回も言われてるのに、口角が上がってしまいそうになるのは何故だろうか。

 

『……なんかそれ、好きって聞こえるねんけど』

「……バカじゃないの」

 

俯いたまま目元を指で触る彼女の声は少し震えていて、気付いたらそんな彼女を抱きしめていて。

 

 

 

『なあ、一緒に暮らさへん?』

 

 

もっと俺につられて関西弁話したらええねん。

 

 

 

少女漫画から飛び出してきたんだと思います(妄想)

 

※このツイートを引きずりまくった話をします。

 

いやほんとに、前からずっと思ってたしわりと呟いてたんですけど末澤くんって少女漫画似合いすぎだと思いませんか??たまに少女漫画から出てきたんじゃないかって思うくらい少女漫画が似合う似合う。末澤くんのキャラなのか、雰囲気なのか、何がそんなに似合うのかとはハッキリと言えないのが(語彙力の問題で)悔しいですがとにかく似合うんです。

しかも王道のやつ。三角関係のやつ。の、主人公を好きになってしまう報われない良い人止まりの役が似合う。しかもモテる。顔がかっこいい。そこそこパリピの、女慣れしてる、年上の女性にも人気で男友達も多い、そんな役が似合う!!!!!!!

いろいろ言いましたが簡潔に言いますとわたしはこの王道三角関係で妄想したいだけです。よければお付き合いください。

 

いちばん最初に載せたツイートが土台となります!そして学生設定です!イエスドリーム!!先に言っておきますが最終的に主人公は丈くんと付き合います!!!!ここからはいい人止まりの末澤くんしか出てきません!!!!すみません!!!!!!(?)

 

では!いきます!

まず主人公と丈くんは友達の関係で、いつもふざけ合ってる関係。主人公も丈くんのことなんて好きにならないと思ってたのに何かきっかけがあっていつの間にか好きになってるんですよねーー!少女漫画でよくあるやつ!

そんな丈くんの親友が末澤くんです。このふたりはセットですね。クラスのイケメンツートップ的な!少女漫画でよくあるやつ!(2回目)

主人公と末澤くんの関係は普通に友達かなぁ。最初は末澤くんは主人公のこと「丈と常にケンカしてるうるさいヤツ」くらいにしか思ってません。あと、実は主人公、はじめは末澤くんのことが好きだったり!?みたいな!?ひょんなことで末澤くんを好きになります。(きっかけ考えてないなんて言えない)でもあの末澤くんですよ!?クラスでモテる!クラスの女子には興味なさそうな!あの末澤くん!絶対叶わねぇ!!って思いますよね。ある日末澤くんとふたりっきりになったときにドキドキしながら主人公が「末澤くんって好きな人おるん?」って聞いたら「……気になるん?」って返してくる末澤くんマジでヤバイ。そんな会話をしてみたい。まぁそんなこんなで末澤くんに片想いしてたんですけど!けど!!なんかいろいろあって(きっかけ考えてないな(以下略))結局丈くん好きになるんですよねーー!!そのあとくらいですね、末澤くんが主人公のこと好きになるのも………

 

やばい説明長すぎた!!!こっからです!!こっからが本番!!!!(?)

末澤くんは主人公が丈くんのことが好きってことを知ってるんです!「そんなん見とったらわかるで」って笑われたい!!それで丈くんもこのへんになると主人公のこと好きなんですよ。でも気付いてないフリしてるんです。「もー!!丈はよせえよーー!」って読者がイーーーッ!!てなるやつ。末澤くんは丈くんが主人公のこと好きってこと分かってるんです。でもそんなことで諦めませんよ末澤くんは!

主人公が、丈くんが女の子と仲良くしてるのを見て、もうわたしは無理かもしれないって悩んでた時に末澤くんが「もう丈なんかやめて俺にしたらええやん」って言うんです……そんなん言われて主人公もびっくりじゃないですか!「え、」ってなってたら「丈のこと好きなままでええからさ、俺と付き合わへん?」って言われるんです(爆発)それから「ゆっくりでええから」って優しく笑う末澤くん……………(号泣)

 

それで!まぁ少女漫画的にいくとこのまま末澤くんと付き合いますよね!ストーリー展開的にね!これはもう付き合いましょ!!それ知ったら丈くんもモヤモヤすると思うんで!ね!!(必死)

末澤くんが彼氏になるともうヤバイですよね。「なぁ今週の日曜暇?」「?暇やで」「デートせえへん?」なんてデートに誘われます。(死)それでデートして、帰りに末澤くんが「俺のこと好きになってくれた?」なんて聞いてくるんですーーーアーーー!!!!わたしはもう好きやで末澤くんーー!!!!(号泣)

そんなこんなで末澤くんと付き合う日々を送るんですけど、やっぱりどうしても丈くんのことが忘れられなくて、みたいな………ある日の放課後に主人公が末澤くんと帰るために、運悪く先生につかまった末澤くんを教室で待ってたら、窓からグラウンドを歩いてる丈くんを見つけてしまうんです。そのときに教室に戻ってきて、そんな主人公を見る末澤くんの目は絶対に儚い顔面が儚い…………それから「ごめん待った?」って声をかけるんです…………主人公がハッとして「大丈夫やで!」って無理やり笑顔で返したら「なぁ俺のこと好き?」って聞くんです……「え、、好きやで」って戸惑いながら主人公は答えるんですけど、そのあとに「じゃあ丈のことは?」とも聞くんです…………なんつー質問や………主人公が答えられなくて、黙り込んでしまったら「俺はお前のうるさいくらい元気なとこが好きやねん、そんな顔せんといて」ってーー!ちょっと笑うんですーー!!それから「まぁそんな顔にさせたんは俺やねんけどな(笑)」ってーー!言うんですー!!なんかもうそんなん泣けてくるじゃないですか!もう!!それで主人公がもう言わなあかんってなって別れを切り出そうとするんですけど!泣けてしまってうまく言えなくて!!!そしたら末澤くんが泣いてる主人公の手を引っ張っておでこに!!キスを!!!するんです!!!!死!!!それから「もーこれで許す」って……笑う末澤くん…………(号泣)(号泣)主人公は驚きやらなんやらで固まってたら「はよ丈のとこ行かんともっかいキスすんで」って言う末澤くんまじむり好きズルい…………それで主人公が「なっ……!」って顔真っ赤にして、ふたりは友達に戻って、主人公は丈くんのところに向かいます。主人公の背中を見送ってひとり教室に残る末澤くん想像してすごい心が重い……(頭抱)

 

ハイ!まぁそんな感じで、こっから主人公は丈くんのとこ向かって、はれて主人公と丈くんは付き合いますね。

 

 

 

 

………末澤くんマジで少女漫画似合うわ

 

いやここまで妄想してみましたけど結局これですわ………どうしましょ………えぇ……めっちゃ少女漫画なセリフを言わせまくったけど全部似合う全部かっこいい…………これからも夢をみさせて末澤くん…………

 

 

と!いう感じで!勢いでダーーッと書いたので日本語めちゃくちゃで読みにくくてすみません(T_T)

ありがとうございました!

宣言させてください

どうしようもないことなんですけど、どうしようもないことだから、少しだけ、ここで吐き出させてください。

 

末澤担です、と名乗り始めたものの、まだまだ末澤くんについては勉強中の身だと思っていて、毎日のようにわたしの知らない末澤くんを探して、見つけて、そうなのか、このとき末澤くんはここにいたのか、なんて自分のオタ活に末澤くんの活動を照らし合わせるなんてことをしているんですけど、やっぱり、どうしても、悔しい。自分の中でもっとはやく好きになりたかったって気持ちがめちゃくちゃ大きいんです。なんであの時ここに末澤くんがいてわたしもその場にいたのに、どうしてって思うことが多くて、多くて。そんなのどうしようもないことだし、昔の自分は自分で楽しくオタ活してたんだし、と思い込んでみてもやっぱり悔しい。わたしの知らない末澤くんがまだまだ沢山ある。あぁ悔しい。

 

 

 

いや重すぎかて

 

お前は少女漫画のめんどくさい主人公か。好きな人の元カノを知ってしまって勝手に悩む主人公か。

 

バカ野郎、そんなことで悩んでも過去には戻れねぇもし戻れたとしてもその時はその時で好きな人が居たんだこの人の団扇を持ちたいと思えるような人が居たんだ諦めろ。

 

脳内の自分(鬼)は、わたしにそう説教します。その通りですよね。その通りです。結局、これから末澤くんをたくさん応援するしかないんですよね。分かってます。分かってるんですけど

 

悔しい。

 

いやもうええて自分……引くわ…………

 

なんやこのスパイラル………どうしようもなさすぎやろ…………

 

でもきっとこの気持ちはこれからずっと消えません。ずーっとずっと、悔しいなぁって思い続けるんです。重い。少女漫画の主人公きどって生きていくんです。重い。

だからもう、そんな気持ちも受け止めて、これからの末澤くんを全力で応援します。ただそれだけです。

 

 

 

 

………なんの宣言やこれ。ありがとうございました。